簡単なミサンガの編み方や、ミサンガを手作りできるキット商品、ミサンガの通信販売などのご紹介。

【ミサンガの作り方】右上ねじり結び でミサンガを作りました!ぜひご覧ください!


─スポンサードリンク─


ミサンガの作り方【簡単なミサンガの編み方】全記事表示


 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
ミサンガの作り方【簡単なミサンガの編み方】:page top↑

ミサンガのつけ方

細いハードミサンガ(44)



ミサンガは、願いをかなえると言われているアイテムです。願いを1つ念じながら結んでください。
取り外しができるものは、ミサンガではないそうです。

ミサンガが切れた時、ミサンガにかけていた願いがかなうと言われています。切れたミサンガは、すぐに捨ててください。

いくつものミサンガを身に付けても大丈夫ですが、ミサンガ1つに願いは1つだけです

願いを変える時は、ミサンガを新しい物に取り替えてください。
途中で外してしまったり、結び目を直してはいけません。願いがかなわなくともよいという意思表示になるそうです

結んだ後の余った糸は、切っても大丈夫です。

手首もしくは、足首に外れないようにしっかりと結んでください。そして、結ぶ時に願いを念じてください。

身に付けられないようならば、鞄・サイフ・携帯など常に身に付けているモノに。ミサンガを輪っかになるように結んでからモノに安全ピンなどで付けるか、直接モノにミサンガを結んでください。

利き手につければ恋愛成就、利き手じゃない方につければ学業成就、などといわれますが、実はミサンガの付け方に特に決まりはないです。

身に付ける場所に意味があるわけではありません。
意味があるのは、願い事をするってこと。

願いを叶えるために、がんばるためのお守りなのです。


ミサンガはプロミス・リングやブラジリアン・ブレス、アミーゴ・ブレスとも云い、メキシコや南米の国々で古くからお守りとして腕に巻きつける風習があったといわれています。

もともとは邪神や魔神、災害、病魔などから自分や家族を守るために、身に着けていたようです。

そんなことから、現代では願いをかなえるお守りとして、広く定着したのかもしれませんね。

ラッキーストリングラッキーストリング
インドの寺社で実際に売っているもので、現地の人は願いを込めてミサンガを編み、お守りとして身につけている糸です。この糸でミサンガを編めば、どんな願いもかなえる強力なミサンガになるかも?
 








スポンサーサイト
ミサンガについて | トラックバック(0) | コメント(0)
ミサンガの作り方【簡単なミサンガの編み方】:page top↑

ミサンガの由来

ミサンガの由来としては、こんな記述があります。

【ねじりタイガー】1227アップ祭10

ミサンガはプロミス・リングやブラジリアン・ブレス、アミーゴ・ブレスとも云い、メキシコや南米の国々で古くからお守りとして腕に巻きつける風習があったと云います。邪神や魔神、災害、病魔などから自分や家族を守るために、身に着けていたようです。現在でもその風習は残っており、皆が身に付けるため、若い女の子達はそのミサンガを作って、家計を助けているそうです。



お守り・・・そんな由来から「願いがかなう」といわれているのかもしれませんね。





ミサンガについて | トラックバック(0) | コメント(1)
ミサンガの作り方【簡単なミサンガの編み方】:page top↑

ミサンガって?

サッカー選手が手足に身に付けている、糸やひもで編んだ、ブレスレットのようなものです。

フィンタ FINTA/ミサンガ(ビーズ/ブラジル国旗)

身に付けていて、自然に切れると願いがかなう、といわれています。

南米のサッカー選手が身に付けていたことからJリーグの選手に浸透し、その後サポーターがチームの勝利を願って身に付けるようになり、流行しました。

ゲルマニウム手作りミサンガ

2004年のプロ野球球団合併反対を唱えた日本プロ野球選手会が12色のミサンガを着けてオールスターゲームやアテネオリンピックに出場しました。

中高生のスポーツ選手の間でも人気があり、彼女の手作りのミサンガを着けて試合に臨む・・・なんて、カワイイですよね。





ミサンガについて | トラックバック(0) | コメント(0)
ミサンガの作り方【簡単なミサンガの編み方】:page top↑
| ミサンガの作り方【簡単なミサンガの編み方】:ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。